2012年11月27日

那智大社と那智の滝
















































































皆様お久し振りでございますicon23
添乗員ゆっきぃ〜な、今日は伊勢志摩を出発して終点は白浜温泉ですface02
紀伊半島ぐるーっと回りますicon16

熊野古道の大門坂を登り、那智大社と青岸渡寺をお参りし宝物殿で曼陀羅を見て来ました。
室町時代に描かれた1m角ぐらいでしょうか、那智大社の全体図になっていて滝も書かれ、当時の
祭事の様子もうかがえますicon12

昔は御札と呼ばれるサイン色紙サイズの習字紙なんですが、ヤタガラスを数羽組み合わせて文字にし
那智大社と書かれている交通安全の目的で御札を求める方が多く来られたそうです。
版画で複製していったそうなんですが、ここでは版画の土台も展示されていました。

珍しく今日は消防の練習をしていました。
『消防訓練ですか?』と聞くと、
「練習です!」とお答えいただきました。
いざという時に備えは肝心ですよね。備えあれば憂いなしicon09

三重塔の方に歩いて行くと今まで気付きませんでしたが、お社発見icon12
階段を登ってみると、可愛い灯籠がズラリと並んでいて、朱色がと~~~っても綺麗で癒されましたicon06

三重塔と那智の滝もイイですよねicon14
日本一の落差133m幅13m滝までの階段133段と何とも統一され私みたいにA型完璧主義ですね…何か?(笑)

那智の滝は山に降った雨などの水が集まり沢となって滝となります。
300円を払うと延命水(長生きできる水)も飲めますし、マイナスイオンを浴びれる展望台まで行けますよすよicon14

最後は橋杭岩です。
地面が裂け、そこに石灰質の固い土壌が入り潮の浸食で固い部分が残り奇岩が生まれたそうです。
確か、トルコのきのこ岩も同じ様に出来たと聞きました。
オーストラリアには、丸い石が載ってる様な岩(デビルスマーブル)もありますよ。
あれは感動しましたicon12


今夜の白浜温泉のお湯も良いんですよ~face03
寒かったので殿様も浸かった梅樽で温まりたいですねface02icon12

  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 16:52Comments(0)

2012年11月21日

イスタンブール



















































































またまた添乗員ゆっきぃ〜なです。face05

イスタンブールは活気にあふれ人や車が多かったです。
名物が渋滞という事で名物を目の当たりにしてきました…face09

ブルーモスクは17世紀に建てられたイスラム寺院で青色の花柄のタイルが美しいicon12という事から
名前が付きました。地元の方はスルタンアフメットジャーミィと呼んでいます。icon23

内部のステンドグラスやシャンデリアも見事ですface08外観も離れるとより一層魅了されますね。
噴水とブルーモスクの6本のミナレットと呼ばれる尖った搭…ビューティフル!!icon12

そして地下宮殿も巨大な地下貯水池ですicon11目を見ると石に変えられてしまうメデューサがface07
逆さになった装飾の柱など336本あり、溜め池にはメタボの魚がいましたface02
ライトに照らされた雰囲気まったりとしていてが最高でしたねicon12

最後にグランドバザールに行きましたが4400店舗も軒を連ね迷子になりそうですface10
スパイスやショールのお店やステンドグラス風のランプも綺麗だったなぁicon10

私は人の嫉妬から守ってくれるとされているナザールボンジュックを買ってきましicon27
青い硝子の目玉なんですがキモカワですface01

色々なお店があり旅行中に出会う人出会うトルコの方が日本語で話かけてくれてお土産も
日本語で交渉できて楽しかったですねicon22トルコの人々は日本人好きなんですってicon22

充実した9日間でした。楽しすぎてアッという間に過ぎてしまいましたicon14
このコースは今回が初回で設定日はまだまだあります。是非参加して下さいねicon16
ゆっきぃ〜なが太鼓判をパシッと押したお勧めコースですよicon21
  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 20:27Comments(0)Crayon(海外旅行)

2012年11月21日

オリエント急行

icon12





































































こんばんは、と言うより『ただいま』です。無事成田空港に到着しましたicon23添乗員ゆっき~なですface05

飛行機に13時間半乗りましたicon20なんだか昨日までトルコにいた感じがしませんねface07

トルコ最後の晩餐にふさわしくオリエント急行殺人事件でお馴染みの
シルクロードの終着駅のイスタンブールのホームに隣席したレストランでディナーでしたicon28

レストランの中は作者のアガサクリスティや映画のポスターが貼ってあり
落ち着いた雰囲気の中で食事をいただきましたicon28

最終日のホテルはシェラトンですicon25それはもう豪華で広〜いお部屋に
大きなベットで旅の疲れも癒されましたface02

イスタンブールの市内もインドのタージマハルの様なモスクが点在し
細い石畳の小路はヨーロッパの様な街並みだったり東洋と西洋が入り交じった異国情緒が感じられますicon12

今東京都内を走行してますが今日のスカイツリーのライトアップは粋で青色ですicon12
レインボーブリッジを通り東京タワーも綺麗ですicon18

イスタンブールの報告は又後で…添乗員ゆっきぃ〜なでしたface05
  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 19:16Comments(0)Crayon(海外旅行)

2012年11月19日

トロイの木馬





























































皆様おはようございますface05トルコは今お昼の12時ですicon01朝は10℃ぐらいでしたが17℃まで上がりました。
一年でも雨の多い時期なんですが晴天が続いていますねicon22

エーゲ海を望むアイワルクのホテルを出発してトロイに入りましたicon14
車窓からも美しく青いエーゲ海が見れましたicon12

紀元前3千年〜4百年の間繁栄と衰退を繰り返したトロイはエーゲ海の交易の要所でしたicon19

10年にも及ぶギリシア軍とトロイ軍との戦いで有名なトロイの遺跡を見学しました。
トレイの木馬は伝説上なのか事実なのか定かではありませんが近くで武器や人骨が発見されていますface08

ギリシアの王妃ヘレナをめぐって勃発したんですよね…face10
結局ギリシア軍が負けたふりをして木馬の中に兵士を隠れさせ
夜中にトロイ城内を奇襲しギリシア軍の勝利で終結しましたicon10

繁栄の名残も無い程、朽ち果ててはいますがローマ風呂や音楽堂(詞の朗読などに使われた)
やアレキサンダー大王ゆかりのアテネ神殿などがありますicon12

入り口を入ると巨大なトロイの木馬がお出迎えしてくれます。
木馬の内に入れるのでギリシアの兵士になった気分を味わえますよicon22
ここで記念に覗き窓からハイチーズ!!と記念撮影ですicon22

船でマルマラ海を渡り、この旅行初のヨーロッパ側に入りました。私は見られませんでしたが…face07
御客様はイルカのジャンプを見られたそうですface08

今日のお昼はトル風ハンバーグですicon28お腹ペコペコ添乗員ゆっきぃ〜なでしたface05
  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 19:21Comments(0)Crayon(海外旅行)

2012年11月18日

エフェソス











































































エフェソスの観光が終わりアイワルクに向かうバスの社内は静かですicon18
旅行も5日目ともなると流石にお疲れのご様子で皆様バスの中でお休み中ですface04

こちらは、夕方の4時過ぎです。お昼にはチョップケバブを食べましたicon28
。羊の肉の焼鳥風とでもいいましょうか?肉は凄く小さくて食べやすく美味しかったですicon14
やっぱりジュースはザクロの生絞り!!本日2杯目ですが、トイレに立ち寄った所では
オレンジのミックスにしたので甘くてナイスでしたicon22お勧めはミックスですね。
5TL(トルコリラ)約250円ぐらいですicon23

昼食を終えエフェソスの観光ですface02小アジア最大とうたわれるだけあり
広大な敷地に当時の繁栄ぶりを伝える遺跡郡が続いていますface08

野外劇場は24万人が収容できる広さで上まで上ったら眺めは最高でしたよicon14
眺めの良さと劇場の広い事、何とも言葉になりません。

緩やかに続く大理石の通りでは、一部崩れてはいますが柱や図書館や泉など
があり復元できたらいいのにと想像してみましたface06

見所の1つにナイキ女神の彫刻があります。ナイキと言えばスポーツ用品ですが
女神の裾がめくれ上がっている様子からマークができたとか…icon12
ナイキのマークに見えますよね?

トルコにもこんな素晴らしい遺跡があったとは想像もつきませんでしたicon10
皆様も是非来てみて下さい。只今の気温は20℃で過ごしやすいです。
遺跡散策をして少し汗ばみましたかねicon10
にゃんこも沢山いて可愛いいにゃ〜なんて…気持ち良くお昼寝中Zzzface04

沢山歩いたのでお腹がへりましたface10
今夜の夕食は何かな?icon28楽しみな添乗員ゆっきぃ〜なでしたface05


  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 23:17Comments(0)Crayon(海外旅行)

2012年11月18日

パムッカレ





















































おはようございますicon01トルコのパムッカレにおります添乗員ゆっきぃ〜なですface05

ここは温泉地で只今朝の9時過ぎです。パムッカレは『綿の城』
という意味で車窓から白い綿畑があちこちに見えましたicon02icon02昔から綿の産直であった事から由来します。

ヒエラポリスは紀元前190年前に建造された古代都市で、
かつては神殿があったり円形劇場があったりと繁栄の様子が伺えますface02

近くに石灰棚があり2つは世界遺産ですface08白い段々畑に温泉水が溜まり青緑が綺麗ですicon11

高台なので眼下の街並みや山々がいい眺めでしたicon12

私も足湯をしてきましたが、やはり朝イチは寒かったので足も冷たかったのですが
しばらく浸かったら上がっても足はポカポカでしたicon14

昔ここにはローマ式の浴場があり温泉や石灰棚があり繁栄時代は素晴らしい
生活ができたんではないかと羨ましいですicon12

今日も良い天気icon01でこれから一日楽しみですface05
  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 16:52Comments(0)Crayon(海外旅行)

2012年11月17日

コンヤ




























































こんにちは添乗員ゆっきぃ〜なですface05

カッパドキアを出発して3時間半でコンヤの街に到着しましたicon18

途中のドライブインでピスタチオ入りのチョコを食べたら美味しかったですねface02

今のお気に入りがザクロの生ジュースですface05新潟ではザクロは庭になっていて
食べる物ではなく鑑賞用だと思ってましたが…食べられると母親から聞いて以来
見かける度にどんな味か?美味しいのか?と思いをめぐらせていましたface06

人様の家になっているのを見る度に食べたいなぁって思ってたので、
レストランで見かけ感激し即買いして飲みましたface08お昼には毎食生ザクロジュースを飲んでますね。

勿論ザクロの実もジュース屋さんからもらって食べたら種が固くて出さないとダメでしたが…face03
甘くて美味でしたね。ジュースの味は…味よりもザクロが飲める嬉しさの方が強くて単に楽んでますicon12

御客様に感想を聞いたら『えぐい、すっぱい』と言われちゃいましたが…
確かに渋味が口に残りますし、少し酸っぱいかも。

コンヤのメブラーナ博物館には顔にスカーフを巻いた女性の方々も熱心に見学されてましたface08

メブラーナとは、ぐるぐる回転しながら踊ることで神と1つになれるというセマーの創始者
メブラーナからきているイスラム教団ですicon23

今朝4時半過ぎと昨日の夕方に『あああ〜ああ〜ああ〜』という男性の声がしたんですよface07
御祈りの時間の掛け声がでした。なんだか神秘的というか不思議な感覚でしたicon10

そういえばドーハの空港も御祈りの部屋がありましたもん。流石!!face08中東の空港だなって関心しましたicon10


サタデーナイトフィーバーのかっこをしている白い人形はメブラーナの踊り子
といっても男性ですがなかなかこっけいな感じがいいでしょ?8mぐらいの大きさですよface02


更に同じ大きさのロバに乗ったお爺様のオブジェもドライブインの前にありましたicon14日本にはない遊び心でしょうか?

そんなこんなでトルコ満喫中icon22本日ザクロジュース4杯目の添乗員ゆっきぃ〜なでしたface05
  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 23:36Comments(0)Crayon(海外旅行)

2012年11月17日

バルーン







































おはようございますicon01朝7時にホテルを出発する時、ホテルのまん前から気球が飛び立つ時でしたface08
ふわふわ~っと熱気球が飛び立ちました。朝から凄く感動的なシーンに出くわしました

バスが走り始めると周辺の上空には既に数えきれない程のバルーンが浮かんでいましたface08
何とも感動的で表現しようのない感覚におそわれましたicon12

しかし朝出発した時は5℃しかなくて寒かったなー

バスの車窓からは無数の気球気球気球・・・icon12

朝から感動しっぱなしの添乗員ゆっき~なでしたface05


  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 20:36Comments(0)Crayon(海外旅行)

2012年11月17日

カッパドキア パート2
























































皆様こんばんはicon23

こちらも夕方の4時半を過ぎたら薄暗くなりますface07少し早くホテルに着いたので
街中まで散策に出掛けました。歩いて5分で繁華街?に到着しましたが…icon22
暗くなる前に帰りたかったのでお土産店が軒を列ねていたのですが一回りして帰る事にしました
ゆっくりお土産見たかったなぁface10

トルコ絨毯やパシュミナ(カシミア)やナザールボンジュックという青い目玉のお守りなど
お土産店や飲食店などがあり、すぐ裏には奇岩や洞窟ホテルなど
新古が入り交じった感じでこの場所ならではですねicon12写真では伝わりにくいですが絶景ですicon12

宿泊の洞窟ホテルですicon25ホテルの周りも奇岩に囲まれていて異国情緒を満喫できますし何よりも快適ですicon22

17日金曜日00時17分です。そろそろ寝ないと明日も5時起きですface08
明日はコンヤからパムッカレ(温泉地)に向かいますicon18

お休みなさいicon12添乗員ゆっきぃ〜なでしたface05


  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 07:29Comments(0)Crayon(海外旅行)

2012年11月17日

カッパドキア




































































皆様こんばんは。トルコは午後の9時をまわりました。
トルコ満喫中の添乗員ゆっきぃ~なですicon23

カッパドキアは、火山の噴火によって堆積した溶岩や火山灰が長い年月をかけ侵食され、
上部の固い石灰岩が残りキノコの様な形を形成した岩が名所なんです。

日本ではキノコ岩と呼ばれていますが、こちらでは“妖精の煙突”と呼ばれいます。
可愛いいですねface02icon06

この辺り周辺は、世界遺産に認定され数々の奇岩群が点在しています。
バス車窓からはまるでグランドキャニオンのような巨大な地層の岩や先の尖った岩群、
ワインの産地でもあるので葡萄畑が見えましたface01


昔は地下にも住居を造り生活していたそうです。
小さい部屋が迷路の様につながり、ワインを作る場所や炊事場、教会や排気口まであったそうです。
年間を通じて14〜16℃と快適なのですが、通路が狭く腰をかがめても頭をぶつけたり通路は狭かったですicon10
内部は広く、まるで迷路!迷子になりますねface03

今でも岩の中で生活してる方もいます。私達も二連で洞窟ホテルですが快適ですよicon12

今日一日カッパドキアを回りましたが、一番印象的だったのがパジャパーでキノコ岩の近くで上から下から
見られるスポットです!
上まで歩いて昇ると遠くまで見渡せ眺めの良さに言葉を失いましたねface08
来て良かったと改めて感じましたface02

スリーシスターズは三つのキノコ岩のバックにハサンことトルコ富士が見え又最高の眺めでしたよ!

  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 04:59Comments(0)Crayon(海外旅行)

2012年11月16日

トルコ熱気球




















































おはようございます。添乗員ゆっき~なですicon23
今トルコのカッパドキアにおります。時間は朝の10時です。

今朝は早起きしてカッパドキアの気球に乗ってきましたicon14

サンライズicon01と共に気球を膨らまし出発。
まわりには数えきれない数の気球と、眼下には奇岩群やトルコの富士山と呼ばれるハサンも綺麗に見えましたicon12

今朝は霜がおりて身に凍みる寒さでしたが、天気が良く温かくなってきましたface02

昨日トルコ入りして夕食を食べましたが、主食がパンという事でパンがすごく美味しかったですねicon06

これから“カイマルク地下都市”に行ってきますicon16


  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 17:23Comments(0)Crayon(海外旅行)