2014年01月30日

おひとりさま倶楽部in 沖縄



1月27日~29日

おひとりさま倶楽部

世界遺産「今帰仁城跡」桜まつりと沖縄周遊」3日間icon20icon12

この時期はお天気の崩れやすい沖縄ですが、3日間ともとても良いお天気でしたicon01

気温は21~22度icon14

「今帰仁城跡」は日本一早い桜まつりが行われていましたface01

沖縄の桜はカンヒサクラと言いまして、ピンク色がとても濃く、お花が下向きに咲きますicon12

花びらがひらひら散ることはなく、そのままお花ごとポトリと落ちるそうですface01

写真は、
・首里城
・1日目のホテル リザンシーパークホテル谷茶ベイ からの眺め
・ホテルで毎晩行われるエイサーショー
・万座毛
・ブセナ海中公園
 (こちらではグラスボートに乗船、東シナ海の色や透明度に感動しましたicon06
・美ら海水族館のイルカとマナティー
 (数年前に映画にもなりました人工尾びれのふじ。フロートにからだを固定?しておやすみしてました)
・今帰仁城の桜
 (数日前に雨が降ったそうで、心配していました桜もきれいに咲いていましたicon12
・斎場御嶽
 (世界遺産のせーふぁうたき。お祈りがささげられる神聖な場所。鈍い私でさえも空気の違いを感じた代表されるパワースポットface06

この他ににも、おきなわワールドで鍾乳洞やエイサーショーのご見学face02

今回はバスを下車後、見学場所までが遠かったり、見学地自体がなかなかの距離を歩いて回るところが多く、体力的にハードと感じられたのではないでしょうかicon10
それでも、内容が充実していて良かったとお声をいただきましたし、中には那覇国際通りでのお夕食後ゆいレールに乗って首里城のライトアップを見に行かれた・・・。なんて方もいらっしゃいましたicon22すばらしい行動力icon16

おひとりさま倶楽部ではありますが、ご旅行中に交流を深められ、仲よくなられた方と行動を共にされたり、またおひとりでのんびりと景色を眺めたり、カメラにおさめていたりと倶楽部の意義、本質をうかがえる様な、私にとっても思い出深いツアーとなりましたface02

いずみーなface02





  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 17:37Comments(0)

2014年01月20日

シンガポール part3



シンガポール旅行もいよいよ最終日・・・face07旅行って本当にアッという間
ですよね

添乗員ゆっきぃなですface05今回はプライベートで来ていますicon23

今日はホテルから約20分程歩いてリトルインディアとアラブ人街と夜はオプショナルツアーのナイトサファリに出かけますicon22

リトルインディアの街並みは狭く小さい店が通り沿いにズラ~りと立ち並びicon10
その多くは金製品を扱った貴金属店や、布といいますか顔に巻くスカーフや、スパイスなどを売っている店や飲食店でしたface01

寺院巡りがしたかったので、ガイドブック片手に通りの名前を確認しながら散策しましたicon16まずは、リトルインディアです

ガイドブックに載っていない寺院もありましたface08散策していて、こんな寺院が
見つかったら感激ですよねicon12

一番上の黄色の盧舎那仏様はシャカムニブッダガヤ寺院にいますface08ご覧の
通りでっかいですicon1010メートルはありますでしょうか


盧舎那仏様の後ろに回って行けて、寝はんぞう様がいらっしゃいますface02
写真撮影禁止なのでお見せできませんが、小さくなったままで横になっておられましたicon12見つけてラッキーでしたよicon22
 

青い寺院は、スリヴィラマカリン寺院で彫刻の像が見事でしたicon14内に入ると
信者の方にはカレーを配っておりicon28やはり右手の手づかみで食べてました


歩くと距離がありそうだったのでicon17タクシーでアラブストリートまで移動しました
face02楽ちん楽ちんicon14タクシー代はS$6安いですよねface015分ぐらいの乗車でしたが


まずは、一番有名なサルタンモスクですicon12内に入ろうとしたら、お祈りの時間
なので一般人の見学はできませんでしたface07看板を見たら2時~見学オッケーicon14なので、昼食を食べて出直す事にしました


モスク正面の参道脇にはお土産屋さんやカフェicon27icon28レストランとは言えませんが、食事ができる所が沢山ありface10どこにしいようか迷ってしまいましたicon15


こんな時は、繁盛している店に入るのが一番確実ですよicon23賑わっている店
で地元の方が食べている物を指さし注文しましたicon22もちろん名物の甘~い
ミルクティーも一緒に頼みましたface02


ひき肉にスパイシーな味付けをして小麦粉生地で巻いてナンに近いでしょうかね?ピリ辛で美味しかったですよicon22


サルタンモスクの中は、ほとんどが信者のスペースで旅行者は帳面に必要事項を記入して入らなといけませんでしたicon15中には特段何がある???
と言う訳ではなく祭壇に明かりが付いている?感じでしたicon11青いタイルのマルバラモスクも同じでした


お祈りの時間だったら待ってまで入らずとも良かったかと・・・icon15


アラブストリートから歩いてラッフルズホテルやチャイムズまで歩いて移動し、途中ブギスジャンクションなどで中華街気分を満喫しながら
フルーツの王様のドリアン(そんなに臭くないですよ)まったりとした濃厚な感じで甘味は控えめですface01


エッグタルトという甘味をすごーく抑えたプリン生地をタルトに入れて焼いた優しいお菓子など食べながら戻ってきましたicon16

チャイムズは教会のまわりにショップが入っていてお土産や、セレクトショップが多かったですねicon16


ラッフルズホテルは庭の中央が、バーやカフェになっていてチャイムズ同様まわりにショップになっていますicon16ホテルのグッズのお店に行ってみると、9粒のチョコレートがS$30
(ちなみにシンガポールのチャング空港で両替してS$1=82円ぐらいでした)


その他にもジャムが1瓶S$10などface08やっぱり高級な
ラッフルズホテルでした


5時半にナイトサファリの待ち合わせだったのでicon16icon16icon16駆け足
で帰ってきました


ナイトサファリ周辺には、昼間のみのシンガポール動物園や、リバーサファリなどがありますicon12全部行きたいなicon14


ナイトサファリは夜のみの営業ですicon23まずは腹ごしらえで絶対食べたかった
チリクラブicon14icon28


少し歩いて回れるリスザルやフラミンゴ、世界最小の鹿、かわうそなど見学しましたface02


その後ショーを見学しますが、席の移動はしない事とフラッシュ撮影禁止なのでご注意をicon23全て英語のショーになります


その後日本語案内のトラムに乗車しますicon18トラの場所はガラス張りでしたが
それ以外は柵など見えませんでしたface10きっと襲われない対策はしているの
でしょうが・・・face07ライオンは遠かったですし


ただ、白いパンツをはいた様なバクがノソノソとトラムの脇を通り過ぎて行ったのは感激icon12でした


バッファローは前髪の様な毛が生えていてセンター分けface02角も立派でした


必要な明かりはついているので、案内された動物は見れましたicon22帰りに
ファイヤーショーも見れましたしicon14一番前で見ていた私はガソリン臭や     熱気も感じました


手に汗握る白熱したショーでしたface08


シンガポール旅行へは2名から2月の2・3週を除いて毎日出発できますよicon20是非お出かけくださいicon23




  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 18:13Comments(0)Crayon(海外旅行)

2014年01月20日

シンガポール part2

icon14icon17


お昼ご飯に中華料理を食べましたチャーハンのお米はパラパラといいますかパサッとといいますか・・・味付けは上々でしたface02

満腹満足ゆっきいなですface05

シンガポールの食料は90%が輸入に頼っていて国内では葉物野菜や鶏肉、魚介類は養殖しているそうですicon15

どうりでスーパーの食品は高かったわけですねface10市内では畑は見当たりませんでした

ちなみに車も全て輸入で日本車が多かったですねicon17

半日観光はオーチャード通りのDFS免税店で解散でしたicon16オーチャード通りは伊勢丹や高島屋の様な百貨店や高級ブランド店など
軒を連ねる銀座と渋谷とを混ぜた様な賑やかな通りですicon14


私はMRTという地下鉄にちかいicon18乗り物に乗ってマリーナ地区まで移動しました

切符の購入や乗り方が心配な方はタクシー移動がお薦めですicon17

安いし地図を見せて指差しでオッケーicon21日本より断然安いですしicon22

サンズホテルの展望台に上り、カジノで少々休憩がてらスロットをして飲み物もサーバーから無料で頂けましたicon14

ベイエリアでは湾の水辺側にはショッピングセンターその奥がホテルです

ショッピングセンターの地下にはフードコートがありicon28シンガポールの名物のチキンライスやヨントウフという6つの具材を選んで煮込んでもらう拉麺の様な物を食べました

チキンライスは蒸し鶏に醤油ベースのタレがかかりサッパリしていて食べやすいお味でしたface02

帰りの機内でも食べた程気に入りましたicon14

ヨントウフは具沢山は良いのですが味付けが薄かったので、カウンターにあった調味料を足したら美味しくなりましたface02

やはり地元食で又食べたい物がチリクラブでチリソースに和えられたカニですicon12

辛いのかなぁって心配したんですが、辛すぎずピリ辛でカニも身は少なかったものの『美味しぃ〜』ってソースをあげパンに付けてキレイに食べちゃいましたicon12

チリクラブはナイトサファリのOP 夕食に付いていてラッキーでしたicon22

普通に注文すると高いのでface07私の場合滞在が短くて、あやうく食べ損ねるところでしたicon14

シンガポールの日の入りと日の出はどちらも7時face01頃なので暗くなる7時30分までに夕食を済ませて外に出てみるとface08

シンガポールフライヤーという名の観覧車もレインボー色にライトアップされマーライオン側の金融関係のビル群も綺麗なライトアップが見れました

20時と21時30分にはベイサンズのホテルからレーザーが出でホテル側では火や噴水ショーがありますicon12

出来ればマーライオン側からかクルーズで見るの事をお薦めしますが、ホテル側からでも充分綺麗ですよicon23

What a wonderful world が流れてきて、レイチャールズの渋い声と歌詞の内容がベストマッチして正に素晴らしい光景で感動しましたicon10

  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 17:22Comments(0)Crayon(海外旅行)

2014年01月20日

シンガポール



皆様、明けましておめでとうございますface02

早いもので年賀状のお年玉も発表され今年も切手シートが当たったのみicon15の添乗員ゆっきいなですface05

正月休みを利用して謝恩旅行の海外旅行でシンガポールに行って来ましたicon16

4日と5日間があり私は3泊4日にしましたが、4泊5日にすればよかったと後悔していますicon15

二日目にはOP半日観光を申し込み、まずはシンガポールを発見しイギリスの植民地の創建したイギリス人のトマス・スタンフォード・ラッフルズの像を見学しましたicon22

対岸のボートキーというナイトスポットも昼間は可愛らしい家並みが並びますicon12

歩いてシンガポール川を渡るとSMAPのCM でお馴染みのマリーナベイサンズホテルが見えて来ましたface08

写真では良〜く目にする三棟の建物の上には船の様な物がのっていますicon19

想像以上に大きかったですねicon10なんと屋上のプールは150mもあるんです

残念ながらプールは宿泊者専用なので入れませんでしたが(ベイサンズ宿泊指定は旅行代金は約倍です。だったら2回来ようかなface06)

マーライオンが見えて来ましたicon14icon14可愛いface05

『でっかい!』私の正直な感想ですが、身長8mのライオンの顔と魚の体を持つシンガポールガッカリ名所と言われているそう・・・後ろにはミニマーライオンがいました

ベイサンズホテルとマーライオンのナイスョットが撮れますicon22屋上の展望台へはS$20で誰でも上がれますface01

今日半日観光の後、上る予定ですicon22

続いてチャイナタウンへバスで移動しicon17カラフルな彫刻が見事なスリマリアマン寺院icon12を車窓見学し仏教寺院と街中を散策しましたicon16

外観は朱色で重厚な造りですが、内部は金ピカピカで美しい仏像がズラズラっと並んでいましたicon12一見の価値ありです

シンガポールの人口の70%程は中国系で今は旧暦の正月にあたり町中に飾りや露店商などがで出ていて華やかでしたicon12

シンガポール植物園では流石に赤道直下の熱帯性モンスーン気候icon10でジャングルの様でしたface08

気温はだいたい32度程で若干ジメッとしてましたicon10

暑いですが建物の内は冷房がガンガンなので半袖に羽織る物は持って行って下さいねicon23

  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 14:44Comments(0)Crayon(海外旅行)