スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2015年08月24日

大曲全国花火競技大会 2015

8月22日

皆さんは、24時間テレビを見ますと、なんとなく夏の終わりを感じませんか?

私だけでしょうか…

季節は秋へと近づくなか、まだまだ花火は楽しめますface02

今年もこの日がきました!

大曲全国花火競技大会icon01

残念ながら、前半は雨にあたり、桟敷のお席に雨水が溜まり、座って観るのも辛い様な状態で…

そんな状況での観覧にも関わらず、ご参加いただいたお客様からは

「観に来て良かったicon12

「素晴らしかったicon12

とのお声がicon14

確かに、バス駐車場から桟敷のお席まで50分から1時間弱歩き

足元はドロドロ、レインコートを来て、おしりが濡れない様に気にかけながらと

色々とストレスのかかる状態でしたが、
それでも来て良かった…face05
と、思える花火でしたicon06

全国の花火屋さんが打ち上げる花火
10号花火に創造花火
それぞれ特色があり、色、形、消え方
違いを探しながら観るのもまた良いですface02

そして

中でも見逃せないのが
スポンサー花火や
大会提供花火です♪

本当にすごいです!
感動しました!!

実は大会提供花火が打ち上がる時、
私はお手洗いに並んでいました。

お手洗いは大行列なので、大会提供花火の随分前に並び始めたのですが

もう少しで上がるけど、お手洗いの順番ももう少し…

思わず、まだ順番来ないでと願ってしまいましたicon10

無事?提供花火を並びつつもみれて
皆さんにもお届けしようと
最初は携帯越しにみていました
が、
あまりの素晴らしさに仕事放棄icon16
ついつい魅入ってしまいましたface05

すみませんicon11

それでも、幾つか撮った写真がありますのでご覧くださいませicon12

まずは



会場はこんな感じ。
昨年は70万人以上の来場者が。
今年もたいへんな数の人ですface08

大曲は昼花火が上がります。
昼花火の大会は大曲が全国唯一です。





夜花火の始まり、始まりicon12









今年は柏崎、長岡、諏訪湖と花火大会は同行させていただきましたが、
これは初めてみましたicon12

半円形の変わった花火



梅の花!?



大会提供花火も…少しだけ





写真ではやはり迫力や色、大きさが伝わらないですicon10

そして創造花火は音楽と共に打ち上げられます♪
よく聞く曲も多く、好きな曲だとテンションも上がりますicon14

私は恥ずかしなから全く音楽に疎く
曲名はわからないのですが
三代目さんのランニングマンのあの曲は
2回流れたかとface05

思わず写真を撮ることも忘れてしまうほどの大曲の花火。
ご自身の目でご覧になってはみませんか?

来年ぜひ!!

追伸
大曲は雨降られることが多いので
レインコート
敷物
できれば長靴(河川敷は雨だと泥や水たまりがそこらじゅうです)
ご準備下さいませ。

同行添乗員
ハセガワ





  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 21:17Comments(0)

2015年08月19日

越後長岡よもぎひら温泉和泉屋












皆様こんにちはface02添乗員ゆっきいなですicon06

今日はお休みをいただきまして
よもぎひら温泉に来ましたicon12

くれよん万代の出発が9時半なので朝ゆっくりでしたicon01
およそ2時間で、よもぎひら温泉和泉屋さん到着ですicon16

休憩室でお茶とお茶菓子をいただき
お昼を食べましたicon28
創作和食♪んー美味しいface05
大人二人で参加だと瓶ビールが付いていて
キューッと一杯それも又至福のひと時icon06

お昼を食べて、せっかくなので歩いて10分弱の高龍(こうりゅう)神社に行ってみましたicon12
バスでかなり細い山道を来ましたが、歩いてみると山の中の温泉街なのに気付きますface01
トンネルを抜けて売店と高龍神社の案内も見えて来ましたicon14

急な階段がズラ〜っと並んでましたが
エレベーターもありましたicon22
私は階段で、左側通行だそうですicon24

階段を登りつめ少し小さめのお社が見えました!
お清めをして、家族分のお賽銭を入れて
商売繁盛と金運アップの御利益という事で
お参りしてきましたicon23

先週病気をした厄払いも兼ねて…face07
皆様もお身体だけはご自愛下さいませicon12
健康あっての日常生活ですからface02

階段を下り急いで和泉屋に戻り
温泉に入りました♨
少しぬるめの、ヌルっとしたイイ湯でした!
泊まりたい…icon12

露天では寝湯もあり山々を見ながらゆっくり浸かれますicon12
最近シャワーでカサカサだった肌も
しっとりスベスベicon06
やっぱり温泉はいいですね!
と言うより、よもぎひら温泉の湯がいいんだと思いますface02

朝日酒造で試飲や岩塚製菓でショッピング
楽しい1日でしたicon14
皆様も是非よもぎひら温泉和泉屋の日帰り
にお出掛け下さいface05  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 17:10Comments(0)

2015年08月17日

諏訪湖花火大会

8月15日

またまた花火のご紹介ですface02

今回は諏訪湖の花火です!

日本屈指の花火大会

長野県民だけでなく、近県や関西などから沢山の方々が観にこられますicon12

観光バスがずらりface08



そして、

人、人、人face08





今年はお天気に恵まれたこともあり、昨年や、一昨年と比べると非常に人の出が多かったそうですicon14

花火の内容は1日に上がる打ち上げ数は日本一とも言われ

湖面に半円状に上がる花火や
2キロにもなるナイアガラの滝

今年は数年お休みでした
尺玉連発打ち上げも復活!

たいへん見応えがありましたicon06








ただし、諏訪湖の花火は観覧後がたいへんですicon10

バスをどちらに駐車するかで変わりますが

くれよんで予約をさせていただく、旧東洋バルブ跡地の駐車場は、桟敷のお席まではとっても近くて良いですface02

でも、交通規制が解除されるまで駐車場から動けませんicon11

花火観覧後、2時間はバス内で待機

そしてようやく出発できても、道路は大渋滞ですface07

ご参加の皆さまには、ゆっくりおやすみいただきながら新潟へ戻ってまいりましたicon16

ちょっと苦労はありますが、帰り道です。
おやすみしていれば…と、
おおらかな気持ちでご参加いただけますと
花火もよりキレイに、そして気持ち良くお帰りいただけますface01

お客さま任せにしてるようですみませんicon10

どの添乗員もやはりお客さまの負担を軽減したい気持ちは同じで
早めの規制解除お願いしていましたが

ダメなものはダメでして、
沢山の方の安全のためのルールですicon23
(バスと歩行者両者のために)

ご理解いただき、
ご参加お待ちしていますicon12
また、来年face05

同行添乗員
ハセガワ

  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 14:15Comments(0)

2015年08月10日

五所川原 たちねぷた祭

8月8日

昨年からくれよんでもご案内が始まりました、五所川原のたちねぷたface02

青森市のねぶた祭は、行かれた事があります。と、言う方は多いかも知れません。

違いは?

まずは、ねぷた と ねぶた
呼び方が違いますface01

そして、青森のねぶたも、もちろん大きくとても立派ですが、特に横幅に迫力を感じますicon14

ですが、こちら五所川原は《たち》ねぷた
と言うだけに、縦に長いのが特徴ですicon22

なんと、大きなものでは高さ約23m、これは7階建てのビルに相当し、重さは約19tにもなりますicon12

青森のねぶたとは、また一味違う良さをぜひ皆さまにもお届けできればとicon12

まずはたちねぷたの館
こちらはねぷたの展示館。

高いねぷたの頭頂部分は、下からでは遠すぎますicon14

それを、吹き抜けをエレベーターで上がり、目線の高さを同じに、ねぷたを真近で見ることができます!

有料施設ですが、大きなスクリーンでねぷたのお祭りの様子を一足早く体感もできますface02

無料ゾーンにも中型のねぷたの展示があり、お土産販売もありますので、ぜひお立ち寄りをicon12

こちらでの見所はまだあります。

展示されているねぷたは、お祭りに実際に使用されるものですicon14

なんと建物のガラス面がはずされて、ねぷたがそのまま建物から登場し、行列のために出て行きますicon16



建物からこんにちは。してるところですicon12

本当ですと、もっと良いアングルからその様子を写真に撮りたかったですicon10

この瞬間は沢山の方が見に来られるため、
出足が遅れベストポジションはとれませんでした…

くれよんのお客さまは有料観覧席をご用意ですicon12

日が落ちまして、ねぷたに灯りが入りますと、本当にキレイです。



お囃子や跳人(はねと)さんの掛け声とともに、次々とねぷたが通り過ぎて行きます。

↓は今年の新作です



五所川原よりもう少し北にあります十三湖

こちらに伝わる夫婦梵鐘の悲しいお話が題材になっています。

ゆっくりと通り過ぎる様は迫力があります。

そして、見送ります。



充実感のある疲労と共に弘前にて宿泊icon25

翌日は弘前のねぷたを体験ですicon14

残念ながら弘前のねぷた祭は、数日前に終了していますが、弘前公園のすぐお隣にありますご施設、弘前ねぷた村さん。

こちらも実物大の弘前ねぷたが展示されていますicon12

弘前のねぷたは扇型
前面は武者絵、後ろ面は美人画が描かれることが多いそうですface02

2日間で2箇所のねぷたを見学できましたicon12




しかも!
全国三味線大会でA級クラスのチャンピオンの方々の生演奏が聴くことができます!



三味線の演奏は聴覚だけでなく、視覚でも感動します。

2日ともバスにご乗車されてる時間はどうしても長くはなりますが、
1度はぜひ見ていただきたい
五所川原のたちねぷた
来年を楽しみに…face05

今回の食レポは



ねぷたの館前で露天販売されていました
活ホタテ
その場で網焼き
お醤油の香りと肉厚なホタテは美味しいかったですface05



2日目のお昼は、岩手県小岩井農場で自由昼食でした。

ジンギスカン、BBQとお肉を堪能された方

オムライスや焼きカレーと洋食を味わった方もicon14

私は牛乳ラーメンをいただきましたicon28

写真を撮っている間にバターがすっかり溶けてしまいましたicon11

想像しているよりもあっさり。
こちらもオススメですicon12

同行添乗員
ハセガワ





  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 18:00Comments(0)

2015年08月06日

長岡花火!

8月2、3日

今では県内だけでなく
全国的に有名となりました長岡花火icon01

と、いうことは
2日連続
両日とも観ました!

と言いますと
全国の方からうらやましいと思われることになりますでしょうかface06

どちらのお日にちも、花火の規模や数はほぼ同じとのことですが

2日限定や
3日限定の花火というのもあり
やはり両日観れた事は自慢になりますでしょうか(仕事ですが…icon10

最大の見どころフェニックスは
2回観ても同じ様に感動しましたicon12

すばらしいですface05

くれよんでご用意させていただいた有料観覧席はとっても良い場所で

ほぼ目の前、真上に花火が上がり迫力満点icon14

フェニックスは端から順に打ち上がる様子も良く見えましたicon12

その感動をぜひ皆さまに…
と意気込み写真を撮ってはみましたが
花火は難しいですねicon11

でも、せっかく?なので

長岡花火セレクションicon01









長岡に世界のアイドル
キティーちゃんが来てくれましたicon14




わかりますか…?

続いて
フェニックス!





花火のフィナーレは、来場者のみなさんが、花火師さんへの感謝の気持ちを込めて
持参のライトを振って終了ですicon12



あれ?
こんな様子はどこかでも…

!!
大曲の花火ですねface02
こちらも間もなくです!
8月22日
ぜひ、ライトご持参いただき
ご参加お待ちしていますicon12
大曲花火観覧ツアーはこちら!↓
http://www1.niigata-kotsu.co.jp/crayon/detail.asp?cn=13073
残席わずか!


おまけのフェニックス



同行添乗員
ハセガワ


  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 16:44Comments(0)

2015年08月01日

尾瀬ヶ原ハイキング

7月31日

夏が来れば思い出す
静かな尾瀬遠い空…icon12

先日、尾瀬ヶ原のツアーに同行させていただきましたicon01

標高1400m
涼しいことを期待してまいりましたが

なんと34度と表示が出ていたそうですface08

尾瀬の風景と言いますと
歌にもうたわれていますミズバショウ。
または黄色の花、ニッコウキスゲが一面に咲く様子face05
を、
思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

何度か同行させていただきましたが、
なかなかその風景には遭遇できませんicon10

今回こそは…



残念ながら…face07

写真は植物見本園入り口近くに
唯一残っていた貴重な1本をおさめたものですicon14

ニッコウキスゲが終わっていたとしても、充分満足感を味わえる尾瀬ヶ原icon12

ぜひ訪れてみませんか?





くれよんでは散策後に
望郷の湯
(道の駅白沢 日帰り温泉)
にて汗を流し
さっぱりしてお帰りできますface02

同行添乗員
ハセガワ
  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 12:00Comments(0)