スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2016年08月29日

くれよん万代 12周年記念ツアー ホーチミン

ベトナム ホーチミン 4日間




インパクトのありますこの写真
ベトナムのハノイでも見たこの風景
ホーチミンでも同じく道路はバイクと車でびっしり
!!

信号が少ない為、このバイクと車の群れの中を
横断する勇気が持てず、
あっちに行けば少し交通量が減るかな?
今行ける?
いや、危ない!?
なんて事で目的地にたどり着くまでに
かなりのパワーを使った今回の旅の様子を
ご紹介です。

1日目はソウル経由でホーチミン入り
ホーチミンのホテルに到着したのは
現地時間の22時半過ぎ。

2日目はホーチミン市内を観光です。

戦争証博物館↓



戦車や戦闘機
そして館内には枯れ葉剤による身体への影響が
どんな形であらわれてくるのか…
隠さずありままの写真が展示されています。

目を背けたくなるものばかりでした。

でも、これも受け入れ、そこから学ばなくてはいけませんね。



↑ サイゴン教会
このお隣にはヨーロッパの様な雰囲気
現役中央郵便局があります。



↑ 統一会堂
(旧大統領官邸)

こちらに人民解放軍の戦車が突入し
占拠したことでベトナム戦争が終結しました。

大統領や家族のお部屋だったところも見学



↑ 大統領の趣味?
それとも贈り物でしょうか?

象の足が置かれていました。
本物、しかも大きさが違うのは親子のもの…





屋根付きの大きな市場
↑ ベンタイン市場



↑ ドンコイ通りにあります雑貨屋さん

2日目の観光で皆さん一緒のお時間は終了

2日目の15時頃から
3日目終日はフリータイム

オプションでクチの観光や
ディナークルーズをお申込みされたお客さまも
いらっしゃいましたが

基本、皆さま思い思いにホーチミンをお楽しみいただきました。

ドンコイ通りを散策された方が多かった様です。

オシャレなカフェや雑貨屋さんが並んでいますので
女性にはたまらない…
お気に入りを探しに雑貨屋めぐにり
疲れたら雰囲気のあるカフェにて
外国の方と並んでベトナムコーヒー

ステキです

私もドンコイ通りを散策してきましたので
写真で少しご紹介です。




↑ 人民委員会庁舎
キレイな建物です

庁舎の前にはホーチミンさん



↑ お手を上げてる像がわかりますでしょうか?



↑ 写真中央の建物はビンコム

中にはフードコートやスーパーもあります
ショッピングセンター

ご注目いただきたのはビンコムセンター前の建物
それは市民劇場
で、さらに市民劇場の前に写っています
工事現場…

地下鉄を建設中

そしてそれを行っていますのが日本の建設会社なんです。

清水建設さんにはご迷惑かもしれませんが
看板を見て私も勝手に社員さんのように
誇らしく嬉しくなりました。

ではビンコムの中は…







映画館も入っています。
カミングスーンがワンピースです。

ワンピース人気、さすがです。

現地ガイドさんに他に人気の日本のアニメは?
と聞いたところ
ドラゴンボールとか
ドラえもんとか
色々あるそうです。

あっ、数日前からベトナムでも
ポケモンGOが始まったそうで

とある公園にはすごい人だかりが出来ていました。

しかも、深夜になっても人が途絶えないとか。



↑ ビンコムセンター内のフードコートで
フォーをいただきました。

香草と、もやしなどが一緒に出てきましたので
お好みでトッピング。



↑ キレイな街並み




↑ サイゴンスカイデッキのありますタワーも見えてますが、その上空があやしい感じに。

今の時季はベトナムは雨季です。

滞在中も激しい雨と雷で外に出るものためらう程になることも。

雨具は必須です。
晴れていてもいつ降り出すかわかりませんので。

3泊4日
滞在したのがコチラ



↑ ラマナホテル

市内中心部から少し離れていますが
とても快適に過ごせました。







シャワールームと洗面台
壁に付いてますのがドライヤーです。



バスタブもあります



売店も…

売店の向かいにはレストランがあり
朝食は種類も豊富でお味も良し。

なのに…すみません。

自分のセンスの無い盛り付けと種類の少なさに
ラマナホテルに申し訳ないです。

皆さま実際にはもっとステキな朝食なので
ぜひご期待下さいませ。



やはりフォーは外せません





ベトナムのお好み焼き?
バインセオ



ブロックで置かれたチーズ
ドライフルーツもお好きなだけ



パンは本当にどれも美味しいです

ホテルに関して追加情報、それは…

向かいに24時間コンビニ
サークルKがあります。

私も通いました。



この写真を撮ってる時に
ホテルのドアボーイ?警備員?さんが来て
恐い顔をして私に何やら言ってこられました。

どうやら
道路キワキワでこの写真を撮っていましたが
iPhoneはひったくりの1番の好物?とか。

撮ってる手からバイクで奪い取って行くそうです。

それを聞いてヒヤリ。

会社の携帯を盗られたなんて事を想像しただけでも心臓がバクバクです。

ご忠告ありがとうございます!

優しいベトナムの方とも触れ合えました。

こちらのツアーは
くれよん万代12周年記念のツアー

通常よりもお値段がお得で
お二人で12万円

残念ながら設定日は私が行った日が最後…

終わってしまいました。

でも、こちらをご覧いただき
ホーチミンにご興味お持ちいただけましたら
幸いです。

同行添乗員
ハセガワ











  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 21:17Comments(0)

2016年08月16日

北海道ガーデン街道パート 2




北海道の2日目icon01を迎えまずは紫竹ガーデンに向いますicon18あの有名なお花のおばあちゃんがいるガーデンになりますicon12
お話をお伺いすると新潟県新潟市紫竹の出身face08だそうで、そこから紫竹ガーデンと言う名前になったそうですicon22さぞかし新潟交通の名前で懐かしく思われた事でしょうicon11



写真などでお見受けするお姿よりは若干お年を取られた様ですがicon23定番ルックのゴム長icon24(カエルの顔が先端に書かれている)ピンクの花柄帽子やお洋服icon06私も見習い可愛く年を取りたいと思いましたface02



こちらの庭は多年草が多いそうですicon12毎年花を咲かせてくれるのは有り難いですよね説明して下さった方が社長でガーデナーになったばかりは色鮮やかな一年草を好みますが、年を重ねるごとに多年草が好きになるそうです「皆様も十分多年草ですよ」一言余計でしたが笑いが上がりましたicon14




時期的なものでしょうか?いつもポッケに花の種を入れて蒔いて歩いてると聞いたので、あたり一面花花花かと思いましたが、それ程ではなかった様に思いますが手入れされているのがわかるお庭でした


続いて向ったのがicon18北海道icon23お菓子icon28お土産icon27と言えばのface06六花亭が手がける六花の森です
駐車場の脇にはお菓子工場がありicon25いぃ〜い香りが風に乗って運ばれて来てface05自然とお菓子を買ってしまいますicon27こちら限定商品なんて書いてあれば買わざるを得ませんよねface07



やはり六花の森なので森の中になりますicon16
少し歩いて行くと『ハマナシ』とありますface10
ハマナスでは?ここでは六花の森の包装紙を書かれている坂本氏の意見を尊重されているそうで
花が終わり実が付いた時に梨の形だからだそうですface08
茄子ではないらしい…icon23
以前来た際にバスガイドから聞いた話ですが
この坂本氏は坂本龍馬の子孫だとか…face08




ハマナシの花は咲いていましたが名前の通り六花の森らしく森のガーデンでしたface01
所々に建物があり中には坂本さんのスケッチ画や包装紙かどか展示されていますicon12やっぱり可愛いい包装紙ですよね

いよいよ北海道ガーデンも終盤ですicon10なんと8つあるガーデンの6つ目ですicon18十勝ヒルズです
個人的には一番良かったと思うお庭ですねface05
こちらでは古民家風の四分分度しぶぶんどicon28にて
十勝豆ご膳の昼食でしたface02皆様も大変喜ばれて
昼食会場の雰囲気と美味しくヘルシーなランチに舌鼓をうたれていましたface01天気も良く暑くて歩き疲れたのでicon28食後のコーヒーを楽しまれていましたicon14




重た~い腰を上げ散策に出かけましたface03お昼を食べ涼しい所で休憩するとicon15なかなか外には出ずらいものですface07



しかし、一たび庭に出るとメルヘンの世界icon12疲れや暑さも吹き飛びました



女性は好きですよね?バラicon06香りは、なんと女性ホルモンに作用して若返りに効くそうですicon14私は、クンクンクンクンローズガーデンを歩きながら犬の様に嗅いできましたface05ん~いい香り


ここでもラベンダーが見られましたface02白樺の木とラレンダー並木北海道を満喫ですicon12
ここで一つ残念だったのがface07園内マップを見て楽しみにしていた、ふれあい広場とピッグファームが改装中だった事icon11豚さんとか馬?ポニー?見たかったな~face10




北海道ガーデン街道も残す所あと二つicon10
真鍋庭園です
明治29年、開拓の為に香川県から移り住み日本庭園を造ったそうです


堂々たる門を抜けると受付をして、係員がコースの説明をしてくれましたface02時間と体力によって3コースあり時間的に中間のキタキツネコースをすすめられましたface01日本庭園から西洋風の庭を横目に途中に展望デッキもあり元気に階段を登っていかれた方もいましたface08皆さん体力ありますね~って関心しながら私は通過しましたがicon10



ここも今までとは違い木のすばらしさを再確認しましたicon12緑ってやっぱりいいものですよねface05

お花を楽しむというよりは木々をめでる感じでしょうかface01コニファーガーデンとガイドさんが言っていましたが常緑針葉樹の庭園の移り変わり木の種類の違いなど興味深かったですicon12



いよいよ最後のガーデン十勝千年の森ですicon14
コンセプトは千年先まで残したい庭なんだそうですface08確かに千年後、緑は残っているのか?自然はあるのか?疑問ですよねface07壮大すぎて恐れおおいですが関心しましたface06

敷地面積が広すぎて1日にちでは回れないそうですface08セグウェイもありましたicon16セグウェイでブゥ~ンと草原を駆け抜けたら楽しそうface02




入り口から森を抜けると周りは山々に囲まれていましたicon12



ここには羊とヤギとポニーがいてエサを買ってくるとface08すごい勢いで寄ってきますface05人気者になった最高の気分ですicon14
ヤギの目って黒目が四角いんですface05そんな可愛い目で見つめられたら、エサもう一つ買っちゃいそうicon10



北海道ガーデン街道を全て回れて、それぞれの庭を見比べface01美味しい料理に舌鼓icon28眺めも泉質も良い温泉に宿泊しface02いいコースだったと思いますicon22

添乗員 ゆっき~なでしたface05  
  • LINEで送る


Posted by 国内企画課 スタッフ at 09:57Comments(0)